スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ロッド検討
- 2012/11/12(Mon) -
今回は怪魚釣りに耐えうるロッドについて考えてみました。


バス用タックル中でパワー、コストパフォーマンス、持ち運び易さなどに重点を置いて考えてみます。





まずはメジャークラフト ゴー・エモーション GEC-702X




メジャークラフト(Major Craft) ゴー・エモーション GEC-702X


このロッドの利点は価格持ち運び性能


Amazonさんでは、新品でも1万円を切る価格には驚きです。



さらに海外釣行の際、地味に頭を悩ませるのは、ロッド輸送の価格と手間ですね。


1ピースロッドの場合はこのようなバズーカと呼ばれる専用ロッドケースが必要ですのでコストがかさみます。


Abu Garcia (アブ・ガルシア) セミハードロッドケース 7'6"ワイド



シマノ スリム&ロング ロッドケース 185S RC-173G


プロックス(PROX) ラウンドハードロッドケース ブラック PX689152




しかし、ゴーエモーションは2ピースロッドなので、よりコンパクトにロッドの輸送ができるはずです!


そして、ルアーウェイト3ozまでとパワーも十分期待できそうです。





お値段は高いですが、

デプスのヒュージカスタム


deps/デプス HUGE CUSTOM/ヒュージカスタム H3S-81RF



エバーグリーンのアマゾンフリップバリスタなんかも気になります。



また気になるロッドが見つかったら追加していきたいと思います!






スポンサーサイト
この記事のURL | ロッド | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<タイ バラマンディ釣行のタックル検討① | メイン | ラインの検討 PE編>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://1009ninja250r.blog.fc2.com/tb.php/13-917ba51a
-まとめ【ロッド検討】-
今回は怪魚釣りに耐えうるロッドについて考えてみました。バス用タックル中でパワー、コストパフォーマン …
2012/11/16 10:16  まっとめBLOG速報 ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。