スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
タイ バラマンディ釣行のタックル検討①
- 2012/11/27(Tue) -


こんにちは!


現在タイでのバラマンディ釣りを計画中でして、ネットや友人の情報をかき集めてバラマンディ釣りにはどんなタックルが必要か検討していました。


今回狙うのは野生ではなくバラマンディ養殖池のフィッシングツアーです。


そして、調べていくうちに私の想像していたタックルよりかなりライトなタックルで十分であることが判明!



最近調べたことを書いておきます。



まず、youtubeでバラマンディ釣りの動画を掲載している方のロッドはバトラー 651MLRB ブリッツ



ダイワ(Daiwa) スティーズ ベイトキャスティングモデル 651MLRB BLITZ 629850


http://www.youtube.com/watch?v=gmLNVloO7lQ


実はML~MHの比較的やわらかいロッドで十分対応できるらしいです!


海外フィッシングツアー会社のHPを覗いてもオススメの多くはMHロッドと書いてあります。

バラムンディは硬すぎるロッドではむしろバラシが多くなるらしい。

もちろんメーター級のバラと闘うためにはH~HXロッドも必要になってくるはずなのでゆくゆくは買う予定です。
ですが、今回は超格安釣行を予定しているので、手元にあるバスロッドで挑戦してみたいと思います!


釣行後に詳細タックルや感想を書く予定なので気長にお待ちください(笑)







その他に決定していることはラインシステム


5号以上のPEと70~90lbのリーダーが必要と考えていましたが、そこまで必要ないみたいです。


今回バラマンディ釣行のラインシステムに考えているのは、PE3~4号とリーダー40~50lbナイロン


PEは出来るだけ安く、強そうなこちらのラインを使います。



シマノ(SHIMANO) PowerPro Depth-Hunter 200m PL-720I 3.0号 720658





シマノ(SHIMANO) PowerPro Depth-Hunter 300m PL-730I 4.0号 720757


詳細はわかりませんが、特殊製法で耐摩耗性が格段に上がったみたい!

田辺さんや村田さんも使ってましたねー
宣伝ってこともあるでしょうが(笑)

でもとにかく安いことが重要です。





http://tv.shimano.co.jp/movie/tv/paradise_20/




その他にもフックはがまかつもしくはカルティバの太軸に変更予定
スナップ、スプリットリングも大きな物に変更します。

ルアーも含め、詳しく決まったらまたアップしたいと思います♪


それでは~

スポンサーサイト
この記事のURL | バラマンディ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ロッド検討
- 2012/11/12(Mon) -
今回は怪魚釣りに耐えうるロッドについて考えてみました。


バス用タックル中でパワー、コストパフォーマンス、持ち運び易さなどに重点を置いて考えてみます。





まずはメジャークラフト ゴー・エモーション GEC-702X




メジャークラフト(Major Craft) ゴー・エモーション GEC-702X


このロッドの利点は価格持ち運び性能


Amazonさんでは、新品でも1万円を切る価格には驚きです。



さらに海外釣行の際、地味に頭を悩ませるのは、ロッド輸送の価格と手間ですね。


1ピースロッドの場合はこのようなバズーカと呼ばれる専用ロッドケースが必要ですのでコストがかさみます。


Abu Garcia (アブ・ガルシア) セミハードロッドケース 7'6"ワイド



シマノ スリム&ロング ロッドケース 185S RC-173G


プロックス(PROX) ラウンドハードロッドケース ブラック PX689152




しかし、ゴーエモーションは2ピースロッドなので、よりコンパクトにロッドの輸送ができるはずです!


そして、ルアーウェイト3ozまでとパワーも十分期待できそうです。





お値段は高いですが、

デプスのヒュージカスタム


deps/デプス HUGE CUSTOM/ヒュージカスタム H3S-81RF



エバーグリーンのアマゾンフリップバリスタなんかも気になります。



また気になるロッドが見つかったら追加していきたいと思います!






この記事のURL | ロッド | CM(0) | TB(1) | ▲ top
ラインの検討 PE編
- 2012/08/30(Thu) -

モンスター級の怪魚と闘うに当たって、かなり重要なラインについて考えてみます。

ラインはPE、ナイロン、フロロカーボンなどの種類がありますが、今回はPEについて検討します。


まず、PEラインの利点として

・他のラインより細くても強度が高い

・伸びないので高感度

・軽い

・劣化しにくい、ランニングコストが安い


釣る魚の種類にもよりますが、やはりPEラインシステムを組んだ方がラインの太さも抑えられるので飛距離も出て使いやすいのではないかと思います。


また、PEは劣化しにくいので初期投資は高いですが、ナイロンなどより遥かに長持ちするので長期的にみるとお財布に優しいラインと言えます。

さらにこんな商品を使うとさらに劣化しにくくなります。






PEに保護膜を形成し劣化を防ぎます。




しかし、そんなPEにも欠点があります。

それは、あまりにも伸び率が低いため衝撃を吸収しきれないこと。結束強度が弱い。根ズレに弱い。


最悪の場合、フッキング時やファイト中にルアーとの結び目でラインブレイク。

または、岩などの障害物に擦れてラインブレイクなどを引き起こしてしまいます。



しかし、その欠点をすべて解決できるのがショックリーダーです。


ショックリーダーはPEラインの先端にフロロやナイロンラインなどを結び付け、衝撃を吸収したり、根ズレの対策などに用いられます。


性能的にはほとんど差がないと考えられますが

ナイロンは伸びが良く衝撃を吸収しやすい

フロロはナイロンよりスレに強いという特徴があるので

気になる方は、フィールドや魚によってショックリーダーを変更するのが良いと思います。


最後に、PEラインを使用する場合は、スレ切れ防止の為SICガイド搭載のロッドを使うことをお勧めします。







モーリス VARIVAS アバニ キャスティング PE SMP(スーパーマックスパワー) 200m 5号

モーリス VARIVAS アバニ キャスティング PE SMP(スーパーマックスパワー) 200m 6号

モーリス VARIVAS アバニ キャスティング PE SMP(スーパーマックスパワー) 200m 8号

サンライン(SUNLINE) モンスターバトルPE 300m 90lb/#6
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(1) | ▲ top
アブガルシア レボ ビッグシューター
- 2012/08/30(Thu) -
ライギョや怪魚を狙っている方ならご存知のアブガルシア製 Revo Big Shooter(レボ ビッグシューター)です。

私も海外釣行には持っていこうと考えているリールです。


魅力の一つはやはり、ラインキャパ
ナイロン25lbが130mも巻ける驚異の深溝スプールです!


モンスター級の魚にドラグを出されても安心してファイトが出来そうです。


また、ハイギア(ギア比7.1) + 95mm長4mm厚クランクハンドルアーム搭載なので、ハイギアのパワーをカバーしつつ一巻きで87cm確実に魚を寄せることができるでしょう。


そして、最も魅力的なポイントは価格

メーカー希望本体価格が23700円





他のメーカのハイスペックリールの半分程度の値段です。


私はできるだけ安くをサブテーマとして世界怪魚釣行計画を進めていきたいと思います。
まだ、学生ですし・・・

なので、このリールに限らず、安くて良いものを紹介できたらと思います。








参照
http://www.purefishing.jp/products_2012/bait_casting_reel/revo_bigshooter.html
この記事のURL | リール | CM(1) | TB(0) | ▲ top
世界の怪魚釣行計画 始動
- 2012/08/29(Wed) -

本日からブログを改装しまして、世界の怪魚ハンティングを目指した内容にしたいと思います。


必要なタックルや旅の計画などを真面目に書いていき、必ず実現させたいと思います。


日本でも、もちろんブラックバス、ライギョやナマズ釣りをしてますので、大物が釣れたら書いていこうと思います。

この記事のURL | 怪魚釣行計画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。